主なものとしてはガラナなどの自然由来成分を筆頭に、イソロイシンといった多数のアミノ酸、亜鉛や鉄などのミネラルを多々含む健康系サプリメントが体力をつける精力剤として効果があるようです。
ED治療薬のジェネリック薬剤のほとんどがインド製の薬品ですが、大元のバイアグラ、レビトラ、シアリスといった商品も作っているわけですから、薬剤の効果はたいして見劣りしません。
日本国内では、医者の診断や処方箋がないと入手できないED治療薬として知られるレビトラですけれど、個人輸入をすれば処方箋がなくても問題がなく、面倒なくしかも安い料金で手に入れることができます。
日本においては、バイアグラは誰もが待ち望んだED治療薬のパイオニアとしてデビューを果たしました。正式に認められた史上初のED治療薬という事情もあり、その存在は大半の人が知っています。
バイアグラを服用してから効果が現れてくるまでの時間は、30~60分ほどだとされています。よって性交する時間を想定して、いつ摂取するのかを考えなければいけないのです。

EDの解消に役立つシアリスは、カロリーが高めな食事をしなければ、食後に飲んだとしても効力は発揮されますが、まったく支障がないというわけではなく、空腹時と比べると勃起への効果は低下してしまいます。
より強いバイアグラの勃起効果を実感したいときは、食事をする前に飲用した方が望ましいと言われますが、現実的にはそうだとは言えない人も見られます。
バイアグラのようなED治療薬のジェネリック医薬品は、ネットを使えば日本からでも注文できます。1回の売買で買い入れられる品数は上限がありますが、3ヶ月分前後の量なら購入可能です。
アルコールが強くない方がアルコールと共にレビトラを摂取してしまうと、レビトラに含まれるバルデナフィルの強力な血管伸張効果のせいで、急に酔いが回ってひっくり返ってしまうおそれがあります。
ED治療薬を服用する人が増している理由として、誰でも格安価格で得られる環境になったことと、十分なサービスを提供する専門病院が増えたことです。

シアリスのジェネリック医薬品は、多数の方がネット通販を活用して買っています。ジェネリックタイプなら安価な値段で入手でき、家計に打撃を与えず長期間飲用できるでしょう。
レビトラを個人輸入代行業者にお願いして買い入れる場合、一度の輸入で購入できる数には上限があるので注意が必要です。また売買したり譲渡したりするといった行為は、薬事法で禁止されていることを覚えておきましょう。
体の状態によっては、バイアグラを飲用してから効果が現れるまでの時間が長くなってしまったり、時として副作用が発生するケースもあるので、体調には注意しなければなりません。
継続時間が長くないED治療薬のバイアグラやレビトラを体内に入れるタイミングを計るのは容易ではありませんが、1日半にわたって効果が続くと言われるシアリスなら、時間を気にしないで使うことが出来ます。
インドの製薬会社が作ったタダライズは、主たるED治療薬として注目を集めているシアリスのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。シアリスと比較すると、36時間もの強力な勃起力と男性機能を回復させる効果があるとされています。